キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 どんな基準で不動産担保ローンを選ぶべきか。 : 不動産担保ローンの選び方

どんな基準で不動産担保ローンを選ぶべきか。

インフレ政策によって貸出金利の上昇が決定的となっているいま、不動産担保ローン会社を選ぶ基準をどこに置くか、比較検討・研究の余地は残されています。

どんな基準で不動産担保ローンを選ぶべきか。

不動産担保ローンは、土地や建物を担保にして、数百万、数千万、あるいは数億円といった巨額な資金融資を可能にしてくれるローンです。

しかも融資された資金の使い途に前提条件や一定の目的などといった制約がないというのが魅力です。

個人でも法人でも、担保にできる土地や建物(不動産)があれば、不動産担保ローンの借入を利用することができます。

取扱機関は銀行や不動産担保ローン専門会社などですが、この不動産担保ローンに限っては“担保不動産の価値をどう評価するか”がポイントになるため、融資額も融資金利も各社各様でバラバラです。

一般的に言うと、不動産担保ローンの会社の金利は銀行にくらべて高めであり、銀行の不動産担保ローンの金利は、都市銀行のほうが地銀や信用金庫などの金利にくらべると高い傾向にあります。

ネット銀行で、不動産担保ローンのような同様のローンを扱っているのであれば、おそらくネット銀行の金利がもっとも低いのではないでしょうか。

ただし金利が低くても不動産の担保価値を低く見積もられてしまっては意味がありません。

そのように考えると、「不動産担保ローン選びは、総合的に判断すべき」というのが1つの結論になります。

ネットであっても銀行によって異なりますが、ネット銀行のいいところは、住宅ローンを借り入れた場合に、1万円からの繰上返済が可能であったり、定期預金や預貯金金額の残高によって貸出金利が低くなってくれたりするところです。

人件費がかからない分だけ、顧客にその利益を還元しているといったところでしょうか。

どのような基準でどんな銀行の不動産担保ローンを選ぶのか、悩ましいとろではありますが、デフレからインフレに向かう日本で貸出金利の上昇が決定的となったいま、比較検討や研究のし甲斐は十分にあります。